仏教語絵巻

仏教語絵巻「外道」

外道とは仏教用語で、悟りを得る内道(ないどう)に対して、
真理に外れた他の教えを語る者や他の宗派の僧・教祖教えを指す言葉です。
経典によっては「異道・邪道」などとも呼ばれています。
当時のインドには絶対神や宿命論を唱える仏教とは異なる六派があり、六師外道と呼びます。

-仏教語絵巻
-,

© 2021 大泉寺