仏教語絵巻

仏教語絵巻「愛嬌」

「愛嬌がある」のように用いられ、好感が持てる様を表す言葉ですが、
本来は「愛敬(あいぎょう)と表し、愛しみ敬うという意味の言葉でした。
人々が愛しみ敬わずにはいられない仏や菩薩の優しく温和な様子を「愛敬相」といい、
ここから「愛敬」と「愛想」という二つの言葉が生まれました。

-仏教語絵巻
-,

© 2021 大泉寺