仏教語絵巻

仏教語絵巻「滅相」

物事の移り変わりを「四相」と言い、
誕生する事を「生相」存在を「住相」変化を「異相」消滅する事を「滅相」としていました。
「滅相」が尽きると命が消えてなくなってしまうという事から、
「とんでもない」という意味になり「滅相もない」」という言い方をするようになったのです。

-仏教語絵巻
-,

© 2021 大泉寺