仏教語絵巻

仏教語絵巻「有頂天」

有頂天(うちょうてん)とは、仏教における天上界の中でも最高の場所「非想非非想天」の事を言います。
有頂天が最高の場所を表す事から、絶頂を極める事で、自己陶酔してうわの空であったり、
喜びはしゃぐ状態を指すようになりました。

-仏教語絵巻
-,

© 2021 大泉寺