仏教語絵巻

仏教語絵巻「開発」

仏教では開発と書いて「かいほつ」と読みます。
人間は誰しも仏になれる性質を持っており、これを仏性と言います。
ただ仏性は煩悩に埋もれており、他人を悟らせる事でこれを掘り起こし、真理に目覚める事が開発です。
今は様々な開発がありますが、欲を満たす為の開発は本来の意味からは外れています

-仏教語絵巻
-,

© 2021 大泉寺