仏教語絵巻

仏教語絵巻「権化」

神仏習合思想の一つで、仏が衆生を救うため、八百万の神となりこの世に現れることや、その現れた神様のことを権現や権化と呼びます。
また元の仏のことは本地仏と呼びます。
明治時代の神仏分離により権現の使用が禁止されましたが、民間での信仰は根強く残りました。

-仏教語絵巻
-,

© 2021 大泉寺